ガス給湯器を交換する場合には、今まで使用していたものと同じタイプ・メーカーのものを選択するのがポイントです。タイプやメーカーが異なる場合には、寸法が違ったり新たなタンクの設置が必要なことがあります。多額の追加費用が発生することもあるので注意が必要です。同じタイプのガス給湯器であれば、費用を抑えて効率的に設置することができます。またリモコンや画面の見方、操作方法なども似ているので安心です。異なるタイプの場合には新たに操作方法を覚える必要がありますが、同じタイプであればすぐに使い方に慣れることができます。
他社の給湯器に交換する場合は互換性のあるタイプを選択すると効率的です。国内メーカーのガス給湯器であれば、工業規格が規定されており互換性があるので安心して使用できます。ガス給湯器の価格は号数や給油専用、フルオート、オートなどの機能によって違いが存在します。交換費用は現在使用しているものと同じタイプの場合、3万円から4万円程度とされます。
様々なメーカーが多様な種類のガス給湯器を製造・販売しています。グレードが同一であれば、価格や性能に大きな違いはありません。ただしリモコンや画面の操作方法に多少の違いがあるので、同じタイプのものを選択すると効率的です。各社の製品には性能面で大きな違いはありませんが、操作性や価格に多少の違いがあります。操作のしやすさや、価格の安さを比較して新たな給湯器を選択します。