スイッチを頻繁に切る

ガス給湯器は通常の使い方をしていれば10年から15年は使うことできます。使い方次第ですが、20年近くガス給湯器を使うことができる人もいます。長持ちをさせるコツはあるのでしょうか?

ガス給湯器はお湯を使いたいとき蛇口をひねると筒の中に水が流れ、水が流れてきたらバーナーで燃焼させて水の温度を上げてお湯にしているのです。ガス給湯器を使わないのにスイッチを入れたままにしていると筒の中に水が入ったままですし、常に水を温めた状態になっています。水が入っている筒は金属でできているので使用頻度が高いと金属が劣化していきます。ガス給湯器を使用しないときにはスイッチをこまめに切るようにするといいでしょう。

家族の人数に合ったガス給湯器を

家族の人数が多いとそれだけ多くのお湯を使うことになります。家族の人数に会っていないガス給湯器を使うと能力を超えた以上の働きを幾日もすることになるので不具合を起こしやすくなります。長持ちをさせたいのであれば家族の人数に合った能力のあるガス給湯器を使いましょう。

定期的に点検

ガス給湯器は5年が経過すると不具合を起こしやすくなります。ガス給湯器を長持ちさせたいなら5年を過ぎたら定期的に点検を行いましょう。点検は無料ではありませんが、いくらかお金を払っても急に壊れて買い替えることを考えると安く済みます。不具合を起こす前に点検によって異常箇所を見つけることができれば、長く使っていくことができるでしょう。