一般的にガス給湯器の寿命は10年ほどだとされています。10年を過ぎると故障なのではないかと思うような症状が見られることもあるため、故障なのではないかと思った時に確認したいポイントについて把握しておくことが大切です。
一言でガス給湯器の故障といってもさまざまなものがあります。お湯が出なかったり追い焚きができない、リモコンにエラーコードが表示されるなど様々です。それぞれの項目で見るべきポイントは異なるでしょう。
まず最初にお湯が出ない場合には、水が出るかどうかを確認します。水が出なければ断水や水漏れなどの疑いがある為、まずはそちらの原因を考えます。水が問題なく出ていることが分かったらガスを疑ってみます。ガスの元栓が閉まっていたり何かの拍子に安全装置が作動したなどのことが考えられます。ガスコンロをつけてみて問題なく使用できるかどうかを確認します。水道もガスも問題がなければ給湯器の故障が疑われますが、場合によっては電源が入っていなかっただけなどのミスも考えられるでしょう。電源が入っていても一度電源を切り再び起動し、操作し直すなどの手順を試してみることも大切です。
急に冷たくなったり熱くなるなどの症状がある場合には、温度が安定するまで待つ方法が良いでしょう。古いタイプのガス給湯器の場合には水を温めるために時間がかかってしまうことから、シャワーの中に残ったお湯と水、温められたお湯の順番で出てくるケースもあります。新しいガス給湯器にはこのような状態になるのを防ぐ機能が付いています。
そして追い焚きができない場合には、循環フィルターに汚れや垢が付着していないかどうか、また異物が詰まっている可能性もあるため、一度綺麗に掃除をする必要があります。