ガス給湯器は通常室外に置いてありますので、何らかのトラブルが発生することもあります。どのようなトラブルが発生するかといえばそのうちの一つはガス給湯器による水漏れになります。もちろんガス給湯自体も頑丈につくられてますが、場合によっては水漏れにより動作が緩慢になったりそもそも動かなくなったりすることもあるわけです。このような場合には、何も知らない状態で使い続けるよりも、まずはガス給湯器の修理を依頼した方がよほど良いです。修理を依頼するときには、そのまま修理になる場合もありますが、へたをすればガス給湯器の交換をしなければならないことも少なくありません。
例えば、ガス給湯器の寿命はおおむね10年ぐらいになりますが、10年目に近づいている時はわざわざパーツを交換するのではなく、ガス給湯器そのものを交換した方がメリットがあります。なぜかといえば、1箇所直したとしても別の箇所が壊れる可能性があるからです。このように考えれば、寿命に近づいているならば早い段階で効果をした方がよいといえます。ただ最終的に決めるのは自分自身になりますので、愛着がある商品でまだ使い続けたい場合には部分的に修理してもよいかもしれません。最終的に使う金額が高くなるだけで、それ以外に特に問題はありません。
ただ、2年目から3年目で壊れてしまった場合には、無料で修理してくれるパターンもあります。業者の方で、無料修理パックなどが存在しているならばそれを利用するメリットがあるといえます。